フィットネスインストラクター 鈴木 理映子 のブログ

私、鈴木理映子の活動状況や近況を報告するブログです。のんびりペースですが、よろしくお願いします(^^)

突然、スポーツクラブの担当を外れ、ブログもほったらかしで


メッセージをいただいた方、気にかけてくださった方


ありがとうございます、また申し訳ありませんでした。


鈴木、元気です?、生きてます笑


この度は、自分の勝手な判断で、周囲に迷惑をかけてしまったことを、ほんとうに申し訳なく思っています。


精神的にギリギリでした。


3年前に頚椎ヘルニアが発覚してから


毎年のように不調を重ね、去年は陣痛以上の恐ろしい激痛を体験しました。


6月くらいから、肩から腕の筋萎縮。


はじめは楽観的でしたが、戻らない変化のない状態が続き、神経がこのままでは死んでしまうのではないかという不安が徐々に襲ってきました。


毎日毎日確認しては、落ち込む日々が続き、


ネットを見ては恐れる日々が続き、


そして痛みが出た時に


去年のフラッシュバック。


もう、だめだ。


と覚悟を決めたのです。


幸い、3-4日で、痛みは取れました。


お陰で、今は日常は過ごせています。


でも、筋萎縮は目立って良くなった気配がありません。


でも一時は、左腕でフライパンが持ち上がらなかったし、


化粧水を顔に押さえる時、力が入らなくて、、、


その状況よりは


少しはよくなっているのかもしれません。


今は痛みもなく、全然、元気なんです。


体は筋力低下はあるけど、もとの仕事こなせると思ったりします。


でも、心が負けてます。


不調を抱えて不安を抱えて


運動をしなければならないストレスに勝てる自信がないほど


自分が弱っています。


ごめんなさい、私は弱い人間です。


お仕事先でお会いできていた皆さまの顔を思い浮かべては


涙が止まらない日々です。


そして、なんと恵まれていたのかと感じています。


もしかすると、もう自分の体はこの仕事に向かないのかもしれません。


毎年のように皆様にご迷惑かけた私を、もう許してもらえないのかもしれません。


でも、この仕事が好きなんです。


可能なら


また戻りたいと願ってしまうのです。


受け入れてもらえなくても、すこしの可能性を信じて、努力を今はしようと思います。


手術を勧められた時は、一日中泣きました。


今ニュースにもなってますが、、、


手術すればオッケーというわけではないので、


自分が考え、自分が決断し、動かなければなりません。


いろんな考えがあります。


難しい。


体のことを考えつつ


また、今は心がかなり病んでしまってるので、


すいません。


ゆっくりしたいと思います。


少しずつ。


ポジティブな自分を取り戻していきます。