フィットネスインストラクター 鈴木 理映子 のブログ

私、鈴木理映子の活動状況や近況を報告するブログです。のんびりペースですが、よろしくお願いします(^^)

私は意識性がとても強かった💦


調子が悪かった約3年間。


思えば意識性を強く持っていた時期です。


もともとフィットネスのインストラクターとして、いい姿勢を維持しようというのはありました。


ポールダンスを始めて、もっともっと上達したかった。


変わりたくて、意識性を持つようになったのです🌱


だいたいいい姿勢を意識しても、継続せず数分後には自分の楽な形になるものです。


私はともかく強かった。


そして、体の感覚にかなり敏感なタイプ。


日常癖のように意識性を持っていたのです。


そして、、、結果はご存知のように🤣


意識性とは、体を固めてしまい、常に力み、アウターマッスルを優位にしてしまいます。


アウターマッスルが優位になればなるほど、体は危険です。


アウターマッスルももちろん使いますが、インナーマッスルを優位にして動く、稼働率をあげる必要があるのです。


今ここを理論的に勉強したいと思っています🌱


姿勢を良くしたいから背筋を伸ばそうと意識したり
お尻を上げたいから力を入れ続けていたり
ウエストを細くしたいからへこまし続けていたり


もしこんなことを癖のようにやってる方がいたら、今すぐやめましょう❤️


どんどん体は固まり、鎖で縛られてしまいます。


有酸素エクササイズのなかでも、インストラクターの声がけによって、意識性を持って動くと思いますが


エクササイズが終わったら忘れること。


大切にしましょう💓


でも、私は今までの癖が始めはなかなか抜けなかった。


意識性はダメだというのはだいぶ前からわかってたけど。


いつも体の感覚を追ってしまったり、、、
どこかに力が入っていたり、、、


けど、いいこと思いついたのです。


意識性が入るときは、脱力するきっかけにしようと。


そして引きずらない。


なにかを例えば持ったら、最大限腕肩の力を抜いてみるのです。


意外と持てることがわかるし


その分体幹が動き出すのがわかる。


足もそう。


四肢よりも、大事なのは体幹です。


頭のてっぺんだけは上に優しく引き上げて。


体が行きたがっている場所=楽なとこを探してみましょう😍